11月11日「介護の日」にちなみ、なら介護の日では介護について理解と認識を深める活動・イベントを行っております。

実行委員会の構成団体

実行委員会構成団体 一覧
実行委員会構成団体 紹介
(公財)介護労働安定センター奈良支所
当センターでは働きやすい職場づくりを目指した雇用管理改善や能力開発・向上など、介護労働に対するさまざまな支援事業を実施しています。具体的には雇用管理相談援助、各種セミナーの開催、介護労働講習の実施です。
(一社)コスモス成年後見サポートセンター奈良県支部
(一社)コスモス成年後見サポートセンター奈良県支部 (一社)コスモス成年後見サポートセンターは、平成22年8月に設立した全国の行政書士のうち、成年後見に関する特別な研修を積み、十分な知識・経験を有する者を正会員として組織する団体です。ご高齢の方や障がいをお持ちの方が、ご自分の意思に基づき安心でその人らしい自立した生活が送れるよう、財産管理や身上監護等のサポートをしています。
私たち奈良県支部(通称:「コスモス奈良」)の会員は、全員が奈良県行政書士会に所属する行政書士であり、無料相談会の開催や広報誌の発行、関係各所への定期的な訪問活動など、成年後見制度の普及啓発にも積極的に取り組んでいます。成年後見制度に関するご相談や利用の流れ等、疑問に思われていることや不安な気持ちをどうぞ安心してコスモス奈良にご相談ください。
コスモス奈良の活動はこちらからもご覧いただけます。『コスモス成年後見サポートセンター奈良県支部ブログ』
(公社)成年後見センター・リーガルサポート奈良支部
(公社)成年後見センター・リーガルサポート奈良支部 全国約7,000名弱の司法書士で構成される、国内最大の専門職後見人団体です。奈良支部には約70名の司法書士会員が所属しており、日々後見人等の立場でケースワークに従事し、多種多様な専門職等と連携をしながら、主に高齢者や障がい者の方々の生活支援をしています。また、家庭裁判所への後見人等候補者の推薦、行政や民間の医療・福祉等関係機関或いは地域団体等の依頼による講演会・研修或いは相談会等への講師・相談員の派遣、成年後見市民シンポジウムや敬老の日の相談会等の開催など多様な事業を通じて、成年後見制度の普及啓発をおこなっています。
(一財)たんぽぽの家
(一財)たんぽぽの家自分らしく生きたいという個人の願いを“共感”という方法で捉えることから生まれた市民活動です。「やさしさ」を活動の基調とし、人と人のつながりを通して、文化と夢のある社会づくりに取り組んでいます。
奈良県言語聴覚士会
コミュニケーションや嚥 下に問題がある方々の社会参加をお手伝いし、自分らしい生活ができるよう支援するのが言語聴覚士の仕事です。本士会では国家資格を持った言語聴覚士が自由に情報交換し、ともに研鑽する場面を提供しています。
(一社)奈良県作業療法士会
作業療法では、日常生活動作や仕事、余暇など、人が朝起きてから眠るまでの活動を「作業」と捉え、何らかの障害により「作業」が難しくなった方に、意味のある「作業」を見つけ出し、生き生きとした暮らしが実現できることを目標に、治療・援助を行います。
(一社)奈良県社会福祉士会
私たち社会福祉士は、「社会福祉士及び介護福祉士法」で位置づけられた、社会福祉業務に携わる人の国家資格です。高齢者、障害者、母子、児童など多岐にわたる分野で、相談援助などを行っています。当事者に寄り添い支援していく者の団体です。 『私たち社会福祉士会は、よく見て よく聞いて 共に考えます』
(社福)奈良県社会福祉協議会
奈良県社会福祉協議会は、地域に暮らす皆様と共に、民生・児童委員、社会福祉施設・社会福祉法人等の社会福祉関係者、保健・医療・教育など関係機関の参加・協力のもと、「だれもが住み慣れた地域で安心して暮らせる」まちづくりの実現に取り組んでいます。
奈良県住民参加型在宅福祉サービス連絡会
奈良県内の地域福祉の向上を目的として住民参加型在宅福祉サービスの理解の普及や、地域住民のニーズに対応した供給のあり方、各団体間共通の諸課題の解決を図るための団体間の情報交換、研究等、並びに会員の資質向上を目的として以下の事業を行っています。
1.連絡会議の開催
2.研究セミナーの開催 (ホームヘルパーの技術研修会や福祉関係の講演会など)
3.広報・啓発活動(各種イベントの参加)
4.その他必要事業

地域福祉は公私協働で推進することが基本であり、また、住民参加が不可欠です。民間非営利組織として、社会的な支援を受け、地域に根付いた活動を展開していくためにはどの様な方法があるか等、各団体間の情報交換を中心に進めてきました。この様な検討を重ねてきた結果、県内での活動の理解と広がり等を促進していくために実施団体が協働して諸問題の解決のため「なら住民参加型在宅福祉サービス連絡会」を設立しています。
奈良県食事サービスネットワーク
奈良県食事サービスネットワーク2006年11月に実施した「全国食事サービスセミナーin奈良」をきっかけに、NPO法人満天星、友―愛お弁当グループ、たんぽぽ楽食サービスの三団体が母体となり発足しました。目的は、奈良県内で活動している食事サービスグループの活動の活性化と質の向上とグループ同士のネットワークの充実と情報交換の場作りです。
活動としては、「高齢者の食を守る・介護予防と食」というテーマでの勉強会の開催。        「すこやか家族のための食生活講座」の開催。「高齢者が楽しんで食べられる料理レシピ」のコンクールの開催。
奈良県地域包括・在宅介護支援センター協議会
平成5年に奈良県在宅介護支援センター協議会として設立後、平成18年に「奈良県地域包括・在宅介護支援センター協議会」と名称を変更し現在にいたっております。 平成26年1月現在の会員数は、地域包括支援センターが20、在宅介護支援センターが24で構成されており、運営主体は社会福祉法人、医療法人、行政となっております。  当協議会の主な事業活動は、@職員の資質向上を図るための研修事業、A高齢者に係わる各種調査研究、B会員相互の連絡調整等を実施しています。
(公社)奈良県理学療法士協会
病気や事故、老化などで発生した身体的障害や身体機能の低下した方々の回復や、その予防の為に、病院や施設や地域や在宅、それぞれの生活場面で、運動療法・物理療法・義肢装具療法などの理学療法を行う、国家資格を持った専門職の団体です。
奈良県老人福祉施設協議会
県内の老人福祉施設(養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム・ケアハウス・デイサービスセンター)により構成し、会員同士の連絡を図るとともに、老人福祉施設にかかわる調査・研究・研修・情報収集を行い、老人福祉の向上を目指して活動しています。
(公財)奈良県労働者福祉協議会
1963年3月29日に全労働者の福祉の充実と生活向上を目指して行動する機関として発足しました。現在は、労働者福祉活動だけでなく、広く県民、市民皆様への社会福祉活動として取り組んでいます。奈良県勤労者美術展および体育大会、健康ふれあいウォーク、退職準備セミナー等を開催、復興支援活動やライフサポートセンター(奈良・南和)では相談事業も行っています。
(一社)日本福祉用具供給協会奈良ブロック
日常生活を営むのに支障のある全ての高齢者や体の不自由な方の自立支援・生活支援及び介護負担軽減のために福祉用具を供給する民間事業です。
また、供給する各種サービスの質的向上に努めるとともに、福祉用具の普及促進、利用者情報の研究開発への反映など、事業を通じて総合的な介護システムの増進、地域福祉の発展に寄与することを目的にしています。
(公社)認知症の人と家族の会奈良県支部
(公社)認知症の人と家族の会奈良県支部活動内容
・家族のつどい(毎月1〜2回開催) ・会報の発行(毎月) 
・行政や関連機関への働きかけ ・認知症理解のための啓発活動
・認知症介護相談 
■支部事務局 電話:0742-41-1026(火・金:10時〜15時/土:12時〜15時) 
■奈良市役所正面ロビー 電話:0742-34-5444(月:10時〜15時)
(社福)わたぼうしの会
障害のある人、子どもや高齢の人などが安心して地域のなかで生きていくことを支えるために【アート・ケア・ライフ】という視点を柱にした社会福祉サービスを提供しています。日中活動・就労支援と、相談支援・生活支援、福祉ホーム、配食サービスなどを運営しています。
奈良県
奈良県奈良県では、介護予防につながる健康づくりや社会参加を進める「高齢者の生きがいづくりの推進」、たとえ介護が必要な状態になっても住み慣れた地域で暮らし続けられる仕組みをつくる「地域包括ケアシステムの構築」、質の高い介護サービスの提供をめざす「介護保険制度の着実な運営・介護人材の確保」を柱に高齢者施策を展開しています。